トップ / 妊活中のイライラ解消食生活

妊活のイライラを解消

妊活中のイライラ解消食生活

食生活改善でイライラ軽減で妊活

妊活中はイライラしやすいため、なかなか妊娠せず妊活が長引くと辛く感じてしまう人が少なくありません。イライラするあまり、つい旦那さんに当たってしまうこともよくあるでしょう。

少しくらいなら旦那さんも我慢してくれるかと思いますが、常にイライラされていたのでは、子どもを授かる前に夫婦仲が悪くなってしまうこともあります。そこで、食事に工夫を凝らして、妊活中のイライラをできるだけ抑えることが大切です。

まず、タンパク質が不足しないように積極的に摂取する必要があります。タンパク質は我々の身体を作る元となる栄養素です。胎児の身体を作るのにもタンパク質を十分に摂取する必要があるでしょう。

タンパク質は肉類や乳製品、大豆製品などに含まれますが、妊活中は大豆製品を積極的に食べると、タンパク質を摂取できるだけでなく、女性ホルモンが増えてイライラも抑えられます。豆腐などを料理に使うといいでしょう。麻婆豆腐や湯豆腐などがおすすめです。納豆ご飯などもいいかと思います。排卵日前後にはビタミンBが不足しがちであるため、牛レバーやニンニクを使った料理などもいいでしょう。

また、妊活中は亜鉛や鉄分、葉酸などの栄養素が不足しないようにすることが重要です。これらの栄養素は、普段から不足しやすいため、妊活中は意識して摂取するといいでしょう。亜鉛や鉄分は女性ホルモンの分泌を促し、胎児が育つ環境を整えてくれます。

葉酸は妊娠後に胎児が発育するのを助ける効果があります。これらの栄養素が不足すると、胎児が育つ環境が整わず、妊娠しにくくなってしまうのです。亜鉛や葉酸を豊富に含む肉類や魚介類を積極的に食べるといいでしょう。鉄分を十分に摂るには、ホウレンソウや小松菜を料理に取り入れるといいかと思います。そして、ジャンクフード中心の食生活をしている人や、お酒をよく飲む人は、それらをなるべく控えるのが望ましいでしょう。食生活を変えるだけでも、妊活中のイライラがだいぶ軽減されて、妊娠しやすい状態になって行きます。

Copyright © 妊活中は何故イライラするのか. All rights reserved.