トップ / 妊活中のイライラが与える影響

妊活のイライラを解消

妊活中のイライラが与える影響

妊活に大きな影響を与えてしま

妊活を始めてから比較的早い段階で妊娠できればいいですが、なかなか妊娠できず妊活が長期化してしまう例も少なくありません。特に30歳を過ぎてから結婚した人の場合には、焦りもあるでしょう。

30代後半くらいになってくると、女性ホルモンの分泌量も減って来ます。なかなか妊娠しないとイライラしやすくなってしまいますが、妊活中にイライラすることで、余計に妊娠しにくくなってしまうことがあるのです。

ホルモンバランスが整っている状態であれば、妊娠しやすいわけですが、ストレスがたまっていると、ホルモンバランスが崩れやすくなります。女性の場合には、過度のストレスがたまったときに生理の周期が乱れたということを経験したことのある人もいるでしょう。

妊活中にそういったことが起きていると、なかなか妊娠しません。イライラすることで男性ホルモンが活発になってしまうこともあります。ニキビが出てしまったときなどは、だいぶ男性ホルモンが活発になっているため要注意です。妊娠から大きく遠ざかってしまいます。なるべくストレスをためない工夫と、たまったストレスを上手く解消することが大切です。

また、ストレスが原因で不妊になるのは女性だけでなく男性にも当てはまります。旦那さんも仕事などで強いストレスをため込んでいる場合には、妊娠しにくくなる傾向が見られます。とくに女性側と男性側の両方がストレスを抱え込んだまま妊活しているのであれば、なかなか妊娠しなくても不思議ではないでしょう。

現代人はストレスに晒されやすい環境で過ごしているため、それが妊活に大きく影響するのです。ストレス過多だと思う場合には、定期的にストレスを解消する機会を設けたり、ゆっくり過ごす時間を作ったりすることが大切です。

Copyright © 妊活中は何故イライラするのか. All rights reserved.